ドラマ『グッドワイフ』第3話 相手側の弁護士に翻弄されっぱなしの杏子!勝利のカギはオーバーラン!?声優高木渉も登場!

グッドワイフ 3話 江口のりこ 高木渉国内ドラマ

1月27日(日)夜9時から、「グッドワイフ3話」の隠された罠が放送されましたね。

 

観て頂けましたか?

 

ドラマ『グッドワイフ』第2話の小ネタはコチラ

ドラマ『グッドワイフ』第4話の小ネタはコチラ

ドラマ『グッドワイフ』第5話の小ネタはコチラ

ドラマ『グッドワイフ』第6話の小ネタはコチラ

ドラマ『グッドワイフ』第7話の小ネタはコチラ

ドラマ『グッドワイフ』第8話の小ネタはコチラ

ドラマ『グッドワイフ』第9話の小ネタはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第2話のあらすじ・キャスト

ある日、回送列車の脱線事故が発生しました。

その事故で死亡した運転手の遺族代理人となったのは、16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤貴子さん)、杏子が所属する弁護士事務所の共同経営者のひとり・多田征大(小泉孝太郎さん)、杏子と同じく新人弁護士・朝飛光太郎(北村匠海さん)の3名。

 

対する相手側は、東神鉄道の代理人弁護士・河合映美(江口のりこさん)、東神鉄道の労務担当役員・安西博嗣(高木 渉さん)東神鉄道の労務担当・小川祥子(山本裕子さん)の3名。

 

杏子たち遺族側の主張は過重労働による事故のため1億円の損害賠償を求めるという提案に対し、相手側は居眠り運転によって起きた事故なので、50万円の見舞金をという提案。真っ向から対立する展開となりました。

 

注目キャストは江口のりこさん

https://twitter.com/TVdrama_capture/status/1089494713139322880

2002年に公開された三池崇史監督「桃源郷の人々」で映画デビューした江口さんは、その後、数々のテレビドラマ、映画に出演しています。

 

2004年に公開されたタナダユキ監督「月とチェリー」では主演を務め、話題となりました。

 

スラッとした体型の江口さんですが、今回の役どころは妊娠中の弁護士。

都合が悪くなるとお菓子をポリポリ。

杏子たちをその自己中心的な行動で煙に巻くという難しい役どころをコミカルに演じられていました。

 

彼女は劇作家、演出家、俳優として活躍する岩松了さんの大ファンで、彼が所属していた劇団東京乾電池の門を叩いた女優さんです。

岩松さんが退団された後も劇団に残り、今に至ります。

ちなみに、劇団東京乾電池の座長を務めるには、柄本明さんです。

高い演技力が魅力の江口のりこん、今後の活躍が期待される女優のひとりです。

 

注目キャストは高木 渉さん

 

高木 渉さんは声優さんですが、大河ドラマ「真田丸」主人公・真田幸村の義兄・小山田茂誠で知った方も多いのではないでしょうか。

 

声優としての代表作はやはり「名探偵コナン」の小嶋元太と警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係・高木 渉巡査部長ですね。

 

そのほかにも、「機動新世紀ガンダムX」「ゲゲゲの鬼太郎」「金田一少年の事件簿」「それいけ!アンパンマン」「GTO」「あたしンち」「ポケットモンスター」「ドラえもん」など、多数の作品に出演しています。

 

声優、吹き替えとして活躍する高木 渉さんですが、夢は舞台俳優だったそう。

 

ですので、今後、俳優としての出演が増えてくるかもしれません。

 

今回、ひげを生やした貫禄ある役どころでしたが、小山田茂誠のような、まっすぐで純粋な役どころもまた見てみたいですね。

 

今後の活躍に乞うご期待。

ORの文字に隠された真実

亡くなった運転手が残した手帳を確認していた杏子はその手帳に記載されているORという文字が気になり始めます。

 

その時、河合弁護士が事務所に乗りこんできて、運転手は「違法薬物をやっていた」と主張します。杏子は運転手の自宅に向かい、彼の妻に常用している薬はなかったか、サプリメント、漢方薬などを提出してもらうよう要請します。

オーバーランがあった?!

朝飛が、今までにも東神鉄道に同じような事故がなかったか調べてみたところ、過重労働による事故はなかったが、オーバーランがあったことを突き止めます。

 

そのことを聞き、杏子は運転手の手帳に残されたORの文字がオーバーランだったのではないかと疑い、東神鉄道の社員たちに問合せますが、みな「ありません」のひと言。

河合弁護士が口止めをしていたのでした。

 

小川祥子の証言

杏子と円香みちる(水原希子さん)は東神鉄道を退職した北原隆司(平原テツさん)から話を聞くため会いに行きますが、その豪華過ぎるマンションを見て、違和感を覚えます。

 

その様子を見ていた小川祥子。

小川から杏子に連絡があり、小川から「北原のオーバーランは過重労働によるもの、会社は高額な退職金で口止めを行った」としたと証言します。

 

どんでん返し

事故現場に出向いた杏子は、ホームレスのおじさんから「パーンで音が聞こえて、それが悲鳴だったんではないか」と聞かされます。

 

東神鉄道が隠したかったのは過重労働ではなくブレーキの故障だったのです。車両の整備不備が原因で起こった事故だったため、何が何でも隠し通さなければならなったというわけです。

 

4話はどんなお話でしょう。期待して、次の日曜日を待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました