おじさん達のわちゃわちゃが止まらない!メゾン・ド・ポリス第6話。高平刑事(役・小日向文世)の愛娘と彼氏の前髪男に注目!

国内ドラマ

後半期に突入したメゾン・ド・ポリス。第4話まで視聴率二ケタをキープしていましたが、前回の第5話で9.6%まで落としてしまった様子。

 

小説が原作ゆえに、テレビドラマにする際の様々な制約のために、ちょっと強引な展開にせざるを得ないのかもしれません。

その部分で、視聴者の関心を惹き続けるのが難しかったのかなぁというのが勝手な推測です。

 

さて、第6話では高平さんの愛娘・小梅に頼まれた事件を皆で解決するというお話でした。

 

なんでも、高平さんってば、娘に自分が「伝説の刑事」だと嘘をつき続けてきたとのこと。

現場経験ゼロの刑事だったというのに、「食らいついたら離さないスッポンの高平、今はメゾン・ド・ポリスでチーム高平を結成して、退職刑事達をまとめあげている」とまで豪語しちゃってたみたいです…(笑)

 

それを知ったメゾン・ド・ポリスの仲間は、小梅ちゃんの目が届かないところに高平さんを呼び出して総攻撃。

とはいえ、娘への威厳を奪っては可哀そうだと、仕方なく高平さんの話に合わせてあげることにします。やっぱり、みんな優しいですね~^^。

 

ということで、今回だけはみんな高平さんの部下でございました。

 

事件の解決おいても、隣室からイヤホンを通じて指示を送り、高平さんに花を持たせつつ事件の真相に迫ろうという斬新な方法でした。

 

メゾン・ド・ポリス 第6話  メゾン・ド・ポリス 第6話

 

とはいえ、それもこれも娘は全部勘づいていたんですけどね。

 

娘も父親のことを想って、「最高のパパであることには変わらないから」と、騙されているフリをしていたのです。

 

そして、「(娘が真実を)知っていることはパパには内緒にしていてほしい」とまで、ひよりに話すのでした。

こんなパパ思いのセリフを聞いたら、男親は「萌え~」ですよね。

 

これ以上ない娘の言葉に、一連の会話を盗み聞きしていた仲間のおじさん達もはしゃぎまくりでした。

 

何ともあたたかい家族のお話で、最後は毎回ほっこりさせてくれますね。

 

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第1話の小ネタはコチラ

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第2話の小ネタはコチラ

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第3話の小ネタはコチラ

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第4話の小ネタはコチラ

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第5話の小ネタはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おじさん達のわちゃわちゃシーン

そんなこんなで第6話のメイン舞台は、メゾン・ド・ポリス。

 

外での捜査シーンはほとんど割愛され、シェアハウスに事件関係者を呼びつけたところから真相が明らかにされていきました。

 

ということは、ほぼ全てのシーンにおじさん達全員が絡んでくるわけで。

 

終始おじさん達のわちゃわちゃが止まらない第6話でございました!!

 

どれくらいあっただろう…?ずっと、わちゃわちゃしてたイメージだけど…。

 

と、気になったのでわちゃわちゃシーンをざっと振り返ってみたいと思います!

 

1.ひよりの手作りチョコレートに興味津々で、わちゃわちゃ

メゾン・ド・ポリス 第6話

 

2.愛娘・小梅ちゃんへの嘘がバレてわちゃわちゃ

メゾン・ド・ポリス 第6話

 

3.真相追及中に草介さんが入ってきて、わちゃわちゃ

メゾン・ド・ポリス 第6話

 

4.小梅ちゃんの「最高のパパ」を聞いてわちゃわちゃ

メゾン・ド・ポリス 第6話  メゾン・ド・ポリス 第6話

 

まだまだありましたけど、こんな感じで、ずーと落ち着きのない?にぎやかな第6話でした。

 

 

 

高平の愛娘・小梅を演じた水谷果歩とは?

 

今回、高平さんの娘役として重要な役どころを演じたのは水谷果歩さん!

水谷果歩さんについて気になったので調べてみると、大手芸能事務所研音に所属する女優さんで、朝ドラ「とと姉ちゃん」や日曜劇場「ブラックペアン」、「義母と娘のブルース」など、そうそうたるドラマに出演されておりました。

ということは、「とと姉ちゃん」で高畑充希と共演しているということですね!

 

さらに、水谷さんは今度の4月からスタートする朝ドラ「なつぞら」にも出演が決定しているみたいですよ!

若いうちからそんなに朝ドラに出られるなんて、なかなかの強運の持ち主かも。今まさに絶賛売り出し中の人気女優さんですね!

 

参考までに、公式HPのプロフィールを載せておきます!

 

 

メゾン・ド・ポリス 第6話 水谷果歩

生年月日: 1997年11月3日

身長    :   163cm

出身地  :  静岡県

血液型  :  B

 

公式サイト: http://kaho-mizutani.com

公式ブログ: http://ameblo.jp/mizu1103

公式インスタグラム: https://www.instagram.com/kahomizutani_official/

公式ツィッター(スタッフ): https://twitter.com/Mizutani_Staff

 

(引用)公式HP http://www.ken-on.co.jp/artists/mizutani

 

さらにWikipedia情報をもとに整理すると、

 

浜松から東京まで片道1時間半かけて新幹線で通いつつ芸能活動と学業を両立し、 2016年3月に浜松湖東高校を卒業。高校卒業後は芸能活動に専念。

2017年7月に主演短編映画『明日、アリゼの浜辺で』の主題歌「青い涙」で歌手デビュー。]。同年3月31日より『Going!Sports&News』(日本テレビ)にお天気キャスターとして出演し(土曜日担当)、キャスターにも初挑戦する。

2018年9月に足の手術を受けるため一時休養し、同年11月に復帰した。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%B0%B7%E6%9E%9C%E7%A9%82

 

っていうか、Going!「Sports & News」の土曜日・お天気キャスター(日本テレビ系)に出てたんですね!

どおりで見たことをあると思った!曲もリリースされているなんて、多才ですな~!

 

 

小梅の彼氏の前髪男・駿を演じたのは、水石亜飛夢!!

第6話で当初犯人と疑われてしまった小梅ちゃんの彼氏・駿君。

その風貌といったら、インパクト大でしたね。

「前髪!!!」と思わず言いたくなるほどの前髪の長さで、彼女の父に対しても「ちゅす!」と挨拶。

「音楽と向き合う俺」を崩さない「ナルシスト・バカ」で、水石さんは見事にハマってらっしゃいましたね。

 

高平さんに差し出した握手には笑ったなー。

ちなみにこの握手、やはりこだわりの演出らしく、監督からは次のような指示が出ていたらしいです。

 

(…略…)一方、駿を演じる水石さんには、「手で拳銃を表現する際、手のひらを地面と水平にしてポーズとる人いるでしょ。そんな感じで、手を横に出す握手…できる?」と佐藤監督。水石さんのポーズに、一同は大爆笑。(…略…)

(引用)公式ドラマHP https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/topics/21.html

 

それにしても「水石亜飛夢」って…!!すごい名前ですね。

キラキラネームというか…どきゅんネームというか…漢字変換が全然出てきませんでした(笑)…。

 

水石さんについてのプロフィールは、以下の通りで、STRAIGHT entertainmentという芸能事務所に所属されています。

といってもこの事務所、所属しているのは数名の若手俳優のみで、上で紹介した水谷さんの研音のような大手芸能所という感じではなさそうですね。

2011年に設立されていますし、水石さんはこの事務所の稼ぎ頭かもしれません。

 

メゾン・ド・ポリス 第6話 水石 亜飛夢

Name: 水石 亜飛夢

Date Birth (age): 1996/1/1 (23)

Height B/W/H/S Bloodtype: 181 95/83/96/27.5 A

Native place: 神奈川県

Interest: 料理・殺陣(若駒流)

Special ability: 剣道(初段)

(引用)公式HP http://r-straight.com/mizuishi.html

 

所属事務所の公式HPの経歴を見ると、ミュージカル舞台「テニスの王子様」(2014~2017)をはじめ、最近では映画「センセイ君主」や「いぬやしき」、テレビドラマの「精霊の守り人」やEX「仮面ライダージオウ」にも出演されていました。

 

そしてなんとなんと!!こちらの水石さんも「とと姉ちゃん」に出演されたことがあるようです。

つまり、水谷さん&水石さんともに「とと姉ちゃん」で高畑充希と共演しているというわけですね!!すごい偶然。

 

メゾン・ド・ポリスの第6話では、演じた役のキャラも相まって、役者としてなかなかの爪痕を残したのではないでしょうか。ツイッターで呟かれる「しゅん」(笑)…。

 

23歳とまだまだ若い水石さんの今後の活躍も楽しみですね!

 

 

https://twitter.com/Kikakeru_3_6/status/1096404451223433216
https://twitter.com/ckrgm_/status/1096400466521387010

https://twitter.com/enome__/status/1096398366265593859

さいごに

今回の第6話では、ラストで急激に話が動きました。

 

ひよりは、急に登場した警視庁の他部署の上司?から夏目(役・西島秀俊)の過去を暴露され、「メゾン・ド・ポリスの中には敵がいるかもしれない」「気を許すな」的なことまで言われていました。

 

さらには、ひよりの部屋には盗聴器が仕掛けられていることも明らかになり…。

 

この上司何者?怪しいけれど…どちらをどう信用して良いの…?と混乱させられ、一気に謎が深まりました。

盗聴器も、誰のどういう思惑で仕掛けられたのか…。

 

すごく気になるラストで、次回も楽しみです!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました